2021年」カテゴリーアーカイブ

第165号 2021年3月発行
「3月のどくだみ畑」

こんにちは、失礼します。
生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅(じゅっこくばい)の食援隊、細川泰伸です。
いつもいつも十黒梅をご愛飲頂きまして本当にありがとうございます。
またこの度は、手作り新聞「イキイキ元気倶楽部通信」を
お手に取って頂きまして心より感謝申し上げます。

「2月は逃げる」とよく言われるように、あっという間に逃げていき、
カレンダーは3月に入りました。(3月5日、執筆中)

新型コロナウィルスも、2月と一緒にさっとに逃げて欲しいのですが、
なかなかそういうわけにいかず、まだまだ感染予防に予断がありません。
一日も早い終息を、当たり前の毎日が戻る日を願うばかりです。

この手作り新聞が皆様のお手元にお届けできるのは、
おそらく、桜の開花のニュースが聞こえ始める頃になるかと思います。

そんな桜のニュースの前に、やはりこの新聞! 「どくだみ」のニュースを
第1部「決意」 第2部「じわぁ~と感じるもの」の
2部構成で皆様にお届けしたいと思います。

まずは、第1部「決意」から

こちら南国高知・黒潮町、3月に入り、急に春めいてきました。
私どものどくだみ畑では、長く土の中で力を蓄えていた「どくだみ」が、
ちらりほらりと顔を見せ始めております。

この季節になりますと、ちゃんと顔をだしてくれるのか、
毎年、心配をしてしまいますが、私のその気持ちを心地よく裏切るように
今年も、元気そうな顔が見れて、ほっとしております。

そしてここから、収穫までの数ヶ月が私どもにとりまして
まさに気を引きしてめていかないといけない時期、
どくだみの生育も早いですが、他の雑草の生育も早いのなんの!

「上には上がいる」とよく言われていますが、本当にその通りで、
どくだみを押しのけて、どんどん伸びる雑草がたくさんいます。

一般的な作物なら、安全が認められ、
その作物に適した除草剤等を使い、雑草を退治するのですが、
私どものどくだみはそれらを使わず、栽培しております。

   私どもの雑草の退治方法は・・・・

        「抜く」

言葉にすると、たったの2文字ですが、これが非常に大変で、
抜いても抜いても、どんどん、次から次から生えてくる雑草!
過去にどくだみの栽培をあきあらめた農家さんもいらっしゃる程です。

そんな大変などくだみの栽培(草引き)を
私どもの「草引きメンバー」は、強すぎる日射しが照り付ける酷暑の中、
寒風吹きふける極寒の中、ただひたすら、雑草と格闘してきました。

本当に大変だったと思います。本当によく頑張ってくれています。

ここから収穫までの間、今までの頑張りを無駄にしないためにも、
そして何より、十黒梅をご愛飲の皆様に、ご安心してお飲み頂けるよう、
しっかりと畑の手入れに力を入れてまいります。

次に、第2部「じわぁ~と感じるもの」

この春の季節に、どくだみ畑の上に立ちますと、
足元から「じわぁ~と感じるもの」があります。

それは、「壮大な自然の営み」です。

毎年、こうして春になれば、暖かくなり草木が芽吹き始めます。
当たり前の事なのですが、この当たり前がすごいと感じます。

私の子供たちが小学生の頃
「どうして、季節があるの?」と聞かれた事があります。

私は、玄関にあったサッカーボールを地球に見立て
地球は1日かけて回転しながら(自転)
1年間かけて、太陽の周りを回っている(公転)
それで、地球の軸が少し傾いているので、
太陽の角度によって、季節がある。
(私も子供の頃、疑問に感じ、先生が教えてくれました。)

子供たち:「ふ~~~ん」 分かったくれたかくれなかったか・・・
(そんな子供たちも、この春からは大学3年生と大学1年生です。)

約23.4度での自転・公転、この神秘的な現象が、
日本に、春夏秋冬・季節をもたらし、
それぞれの季節に自然の恵みを私たちに与えてくれています。

そんなあまりにも壮大な自然の営みの事を考えながら、春風が吹き始めたどくだみ畑の上に立ちますと、
その大きさに圧倒され、いかに自分が小さすぎるかを実感します。

思い通りにならない日頃の出来事や私の悩み事等は、
約23.4度での自転・公転に比べると
目に見えないようなナノサイズ、ピコサイズいや、それ以下でしょう。

ちょっとした事に一喜一憂せず、大きな心を持ち続けたい
そう強く感じました。

季節は、心地よい春風を感じるようになりました。
ただ、新型コロナウィルスの感染がまだ収まっておりません。
感染予防には、十分お気を付け下さいませ。

そして、「うがい、手洗い、十黒梅(じゅっこくばい)」
健康管理には、十分にお気をつけて、お過ごし下さいませ。

それでは、失礼します。

第164号 2021年2月発行
「卒業」

こんにちは、失礼します。
生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅(じゅっこくばい)の食援隊、細川泰伸です。

いつも十黒梅をご愛飲頂きまして、本当にありがとうございます。
またこの度は、手作り新聞「イキイキ元気倶楽部通信」を
お手に取って頂きまして心より感謝申し上げます。

「1月は行く」と昔からよく言われますように、2021年1月は、あっという間に・・・、
そして、ギアはオートマチックで2月に入りました。
2月といえば・・・、節分、バレンタインデー、建国記念日、プロ野球キャンプイン、
卒業シーズン、私の誕生日(大変失礼しました。)等々、行事事が何かと多い月になります。

今回のこの手作り新聞では、「卒業」の話題をお話しさせて頂きます。

今年お蔭様で、私の長男が高校を卒業することになり、先日、その卒業式に行ってきました。

現在コロナ禍という事もあり、開催を心配しましたが、
式場となる体育館には、卒業生、先生、保護者のみの列席、
全員マスク着用、式も簡素化する等、感染対策をしての開催となりました。

長男が通う高校は、小高い山の上に建っていて、通学は、坂道を上って行かなければなりません。
この坂道が結構厳しく、自転車の乗り入れは禁止されている程です。

通学のパターンは5パターン。
【1】スクールバス   スクールバスが各地域を回ってくれます。
【2】公共交通機関 駅や主要地からは公共バスの利用が可能です。
【3】保護者の車   雨の日などは、結構多いです。
【4】自転車通学A  坂の手前までは自転車通学、坂はバスを利用。
【5】自転車通学B  坂の手前までは自転車通学、坂は徒歩。

ほとんどの生徒は【1】~【4】のいずれかですが、
私の長男は、中学高校6年間、【5】自転車通学Bで、
(雨の日は、雨合羽をまとい【5】の日もあり、たまに【3】でした。)
あとから聞くと、歩いて坂を上る生徒はほんの数人だそうです。

卒業式当日、妻は早朝より久しぶりの着物を着るために大忙し、
私は着慣れないスーツに身を包み、結びなれないネクタイを選びます。
そして、長男を車に乗せ、学校に向かいました。(さすがに卒業式当日は、【3】です(^^))

国道から、名物の登坂にさしかかった時、
「この坂を上る事は、もう一生ないのか・・・」という思いがして
最後の山登りが本当に寂しく感じました。

そして、本題の卒業式です。
卒業証書授与、各表彰状授与と進みます。
そして、皆勤賞の生徒の名前が順番に呼ばれる中、
私の長男の名前も会場に響きました。
自転車通学&徒歩(自称:登山枠)での皆勤賞、
本当によく頑張ったと思います。我が子ながら感心です!

校長先生の祝辞、在校生送辞、卒業生答辞・・・
それぞれの言葉が胸に熱く響いてきました。

特に、印象的だったのは、卒業生代表:
「新型コロナウイルスは、私達の日常を大きく変えました。
当たり前の日常が突然失われる驚きと不安。
出口の見えない日々を出口に向かって走り続けることが
どれほど難しいことなのかを知りました。」

「しかし私達の得たものは、恐れや不安だけではありません。
人と人との絆、支え合うこと、感謝の気持ちを
今まで以上に大切にしようと思うようになりました。」

今年は、新型コロナウィルスの感染の影響で、
当たり前の毎日が、当たり前でなくなりました。

将来を考える高校3年生にとって、
本当に心配や不安、失望、懸念、危惧・・・・
プラスでない心の感情に引っ張られた1年だったと思います。
そんな状況でも、必死に前を向こうと懸命な言葉に心を動かされました。

そして、式は粛々と進められ、卒業生退場のアナウンスがあったその時、

    「ちょっと、待ったぁ~!」

予想だにしなかった声が、卒業生の中から・・・
そして数人が前の方に駆け足で・・・

一体何が起こるんだろう、今まで卒業式は何度も経験をしましたが、
式の最後に、乱入騒動は初めての事です。

前に集まった生徒から
「すみません。ちょっとお時間をください。
 先生に手紙を書いたので読ませて下さい。」との事。

いわゆる生徒達の考えたサプライズで
各クラスの代表者数名が担任の先生に感謝の手紙を読み上げました。
冗談と笑いを交じえながら感謝の気持ちを伝える生徒に、涙ぐむ先生。
なんだか微笑ましくもありながら、目頭が熱くなる思いがしました。
(後から聞くと、自由な校風で、例年、生徒からのサプライズがあるようです)

そして最後に、代表者が
「卒業生、全員起立、後ろの保護者の方を向いて下さい」

何が始まるのかと思いきや、
代表者:「お父さん、お母さん、今までありがとう・・・・・大好きです!」
いやぁ~、思わず、うるっと。。。

感謝したいのは、私達親のほうも同じ思いです。
長男がいてくれたからこそ、
いろいろなところで頑張ることができましたし、大きな励みとなりました。

特に独立し起業した時は、この子達のためにも・・・
そんな熱い思いもありました。私の方こそ、「ありがとう」と。
そして、お世話になった先生方にも感謝の気持ちでいっぱいです。

子供の成長は早いと良く言われるように、
思い起こせば、長男がまだ保育園児、
生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅(じゅっこくばい)発売の2007年の初詣で、

長男:「どくだみがうれますように(^^♪」
    と手を合わせてくれたのを今でも鮮明に覚えています。

あれから、あっという間の14年。子供の成長は本当に早いものです。

私は・・・というと、まだまだ成長とまではいかないまでも、
十黒梅をご愛飲の皆様のお役に立てるよう、
どくだみの栽培、搾り加工、酒造等々、
前へ前へ一歩一歩、地に足をしっかりつけ、進み続けたいと思います。

季節は、これから春に向けて、少しずつ暖かくなってくると思います。
朝夕と日中の気温の変化が激しく、体調管理が難しい季節となりました。
「うがい、手洗い、十黒梅(じゅっこくばい)」
健康管理には、十分にお気をつけて、お過ごし下さいませ。

それでは、失礼いたします。

第163号 2021年1月発行
「あけましておめでとうございます。」

あけまして、おめでとうございます。
生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅(じゅっこくばい)の食援隊、細川泰伸です。

旧年中は、十黒梅をご愛飲頂きまして本当にありがとうございます。
今年も、皆様のお役立てができますよう、栽培から搾り加工、酒造、お届けまで
社員一同、精一杯頑張って参ります。本年も何卒どうぞよろしくお願いします。

またこの度は、手作り新聞「イキイキ元気倶楽部通信」を
お手に取って頂きまして心より感謝申し上げます。

2021年の幕が上がりました!
新型コロナウィルスの感染拡大が止まない中での年明け、
まだまだ心配や不安が多々ありますが、ワクチン開発等のニュースもあります。
必ずきっと、収束に向かい、明るい一年となることを心より祈っています。

その一年のスタートに、私の心を大きく揺るがせた一大イベントがありました。
それは、「箱根駅伝」(東京箱根間往復大学駅伝競走)です。

私は陸上競技には疎く、駅伝を話題にするには、はなはだ恐縮ですが、
テレビ画面を通じて、選手やスタッフ、関係者の皆様の熱い思いを感じましたので、
大変僭越ではございますが、思い切って筆を取らせて頂きます。

競技結果は、もう皆さまご存知の通りだと思います。
昔も今も「スポーツは筋書きのないドラマ」と言われますように、
まさに、その言葉がピッタリの今大会だったと思います。

「箱根」を賑わせた全選手、スタッフ、大会関係者の皆様に、
改めて、拍手を送りたいと思います。

私は、この2日間を通じて、3つの事を強く感じました。

まず、1つ目は「平常心」です。

「箱根で走る」という事は、競技者にとって、きっと憧れであり誇りであると同時に、
その責任・プレッシャーは、相当なものと想像します。
各選手、そのプレッシャーと戦い、本来の走りができた選手、
いや、いつも以上の走りができた選手、
逆に、力を出し切れなかった選手もいたことでしょう。
テレビを通じてひしひしと感じました。

どの選手もこのコロナ禍の中、練習も思うようにできず、
不安を抱えながら、体をこの日の為に調整してきたことと思います。
そして、箱根駅伝自体が無事開催されるかどうかも不安な状態で、
この日を迎えたことと思います。
必死に走る姿を見ながら、いつも通り平常心で走るということは、
本当に難しいことなのだろうと想像しました。

来年以降もまた、さまざまなドラマが繰り広げられることでしょう。
毎年、楽しみに応援観戦したいと思います。

(一旦、ここから私の過去の話に変わります。
 「箱根」とは、まったく違うレベルの低い話で申し訳ございません。)

私も学生時代、陸上競技とは異なりますが、
スポーツに汗を流しておりました。(具体的には卓球です。)

中学2年生の時、県大会の団体戦で、
最後に、私が勝てば勝ち、私が負ければ負けという
とてもシビアな番が回ってきました。

その責任重大な初めての場面で、あまりの重圧に押しつぶされ、
心が守りに入り、私の体は思うように動かなくなりました。
思い切ったプレーができず、ボールを置きに行くプレーしかできなくなり、
それまでの頑張ってきた練習の成果が全く出せないままゲームセットとなり、
チームに大迷惑をかけた経験があります。
この時は、本当に自分が情けなく、自分の心の弱さを痛感しました。
(本当に、レベルの低い話で心苦しいです。)

「平常心」 言葉にすれば、簡単かもしれませんが、
私自身、一喜一憂してしまうところがあります。

自分自身の昨年一年を振り返りますと、
ちょっとした事に、イライラしたり悲しんだり・・・
平常心でいられず、心を動かせた事があったと反省しています。

今年は、日頃から、
「大きな心、強い心、動じない心」を自分に言い聞かせ、
いつも「平常心」でいられるよう努力したいと思います。

次に、2つ目は「心を一つに」です。

どのチームも「仲間を信じる心」「心を一つに」という気持ちがあったからこそ、
1本の襷をゴールまで運ぶ事ができたと思います。

私どもは、畑でどくだみを育て、それを収穫し、搾り加工をして、
アルコール醗酵(酒造)をして、十黒梅を造り、ご愛飲の皆様にお届けしております。
いわば、駅伝の襷のように、メンバー全員で「十黒梅」を繋いでいます。

どくだみを育てる者、収穫する者、搾り加工をする者、酒造する者、
皆様からのご注文やご質問に対応する者、出荷する者・・・

私ども「食援隊」の企業理念でもあります。
『「人」を「良」くする「食」を通じ、毎日のイキイキ生活を応援します。』を旗印に
改めてメンバー全員の心を一つにして、
皆様のお役に立てますよう、精一杯頑張って参ります。

最後に、3つ目は「感謝の心」です。

今回、区間賞インタビューのどの選手も
コロナ禍での開催に対し、関係者の方々に、感謝の言葉を述べていました。

今年度、新型コロナウィルスの影響で、思うような練習もできず、
開催自体も危ぶまれたので、込み上げる思いがあったのでしょう。
関係者の皆様の並々ならないご尽力があったからこその大会だったと思います。

今回の新型コロナウィルスの影響で、
本当に、日常のあたりまえの事があたりまえでなくなりました。

日々のあたりまえに感謝の心を忘れず、
そして、しっかりと感染対策を講じながら、
毎日を送っていきたいと思います。

畑の手入れ、どくだみの収穫から搾り加工、
酒造して十黒梅を造り、そして、ご愛飲者様のもとへ。

続けてご愛飲くださる皆様のおかげで
私どもの毎日があります。

すべての方々への感謝の心を忘れず、
この一年間、取り組んで参ります。

そして、一日の締めに毎晩欠かさず、忘れず、
「十黒梅」と「きょうもいちにちありがとう」
を感謝の気持ちで口にしたいと思います。

2021年、本年も何卒、どうぞよろしくお願いいたします。

季節は冬本番です。体調を崩されませんよう
「うがい、手洗い、十黒梅(じゅっこくばい)」
健康管理には、十分にお気をつけ下さいませ。

それでは、失礼します。

細川泰伸